Tel 049-277-4477

ブログblog

鉄骨解体はどのように行う? 2021/07/20

川越市、富士見市を中心とした埼玉エリアで解体業務を行っている鈴将です。
埼玉以外にも東京や神奈川からのお問い合わせにも対応しています。

当社は木造住宅や鉄骨建造物等、素材問わず解体が可能です。
鉄骨の建造物を解体する場合は木造住宅のように油圧シャベルでガンガン壊すように解体していくのが難しいケースがあります。

鉄骨素材をはがすようにクレーン車で持ち上げ、はずしていく方法が主流です。
ただし、鉄骨素材はすでに溶接され、くっついているので接合された部分をまず切断しなければいけません。

切断はショベルカーのアタッチメントを変更して切断する方法やガス切断方法などがあります。

比較的、鉄材が細い場合は油圧ショベルのアタッチメントで、はさみのように切ってから取り外すことができます。

しかし鉄材が太い場合は簡単に切断できないので、ガス溶接で取り外してから、それをクレーン車で持ち上げて解体していきます。

このように木造住宅よりいくつか作業工程があるため、簡単には解体できず、作業時間や費用がかかります。

大きな商業施設などの建造物の場合は解体に数日かかることもあります。
鉄骨建造物の解体に関するご相談は鈴将までお寄せください。

Tel049-277-4477

Fax049-257-5819

受付 / 9:00~18:00 (定休日:日・祝日)

To Top
お問い合わせ